ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンが摂れるサプリメント

偏食は冷えを呼びます

ウーマン

バランスの良い食事が大切

冷え症に悩む人は女性に多く、それは単に男性より女性の方が筋肉量が少ないからという単純な理由だけではありません。小食の人や偏食の人は冷え症になりやすく、ダイエットをしている人はそうなる傾向が強く、新陳代謝が低くなって熱を発しにくい体になりがちです。特にたんぱく質やビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEや、鉄分などのミネラルが不足すると冷え性になりやすいと言われています。ビタミンB群は熱を作るのに必要な栄養素ですし、ビタミンEには毛細血管を拡張させる作用があるため血行を良くしてくれます。体をめぐる血液を作るのには鉄分やたんぱく質が必要ですし、鉄の吸収はビタミンCによって促進されるため、これらの栄養素が不足すると、熱を発する力が弱まったり血行が悪くなったりしてしまうというわけです。そのように考えると、冷え症対策には様々な食品からバランスよく栄養素を摂取することが大切であるため、日々の食事がいかに大切かという事が分かります。しかしながら、毎日3食バランスの良い食事を用意するのは大変だという人は、サプリメントや栄養補助食品を上手に取り入れていくとよいでしょう。また、南国の果物や砂糖も体を冷やす食品であるといわれているため、冷え症を気にするのであれば感触も体を温める食品に変えていく必要があります。洋菓子よりは和菓子が良いですし、甘みがほしければ豆類やイモ類などをとるようにするのも上手なやり方と言えるでしょう。